8月19日の誕生花であるフランネル草

8月19日の誕生石はコチラ

 

8月19日の誕生花である「フランネル草」は、

ナデシコ科リクニス属の耐寒性多年草の植物です。

別名をスイセンノウ(酔仙翁)といいます。

酔っぱらって赤い顔になった、仙翁(仙人)を連想して名付けられました。

 

原産地は南ヨーロッパの花であり、フランネルとは、

イギリス原産の起毛したやわらかな布のことです。

茎葉が綿毛におおわれていることから、名付けられました。

属名であるリクニスは、ギリシャ語で「ランプ」という意味です。

これは、紫紅色の花がランプの灯を連想させるためです。

 

8月19日の誕生花である「フランネル草」に花言葉は、

「強い気持ち」「誠実」「私の愛は不変」「名誉」などです。

 

フランネル草のほかに、ノラナ・カンナも8月19日の誕生花となります。

初夏から夏にかけて、茎と葉はやわらかな白い綿毛でおおわれ、

よく枝分かれしながら伸びた銀白色の茎先に、鮮やかな紅紫色の5弁の花が咲きます。

 

花言葉の「私の愛は不変」は、鮮やかな紅紫色の花が次々と咲き、

長い間楽しめることからつけられています。

また、フランネル草は、5月13日・6月18日・6月24日・8月13日・8月26日の誕生花でもあります。

 

フランネル草の花は、白や淡いピンク、白地にほんのりピンクが入る品種や、八重咲きも存在しています。

株元から翌年咲く、放射線状に広がった葉(ロゼット)が伸び出して、こぼれた種でも良く増える花です。

花屋の店先では、ポット苗を秋によく見かけます。



誕生花で花占い♪ 関連記事