8月28日の誕生花エリンジウム

8月28日の誕生石はコチラ

 

エリンジウムは8月28日の誕生花で、世界中に約250種が分布しています。

別名はエリンギウム、シーホリーといいます。

 

原産地はヨーロッパ南東部から中央アジアで、

日本には大正時代初期に渡来しました。

ただ、高温多湿に弱いので、日本の気候にはあまり合っていません。

 

和名はマツカサアザミ(松笠薊)といいます。

セリ目セリ科エリンジウム属(ヒゴタイサイコ属)の植物で、

草丈は30cm~100cmくらいになり、開花期は6月~8月です。

花言葉は、「秘密の恋」、「光を求める」、「無言の愛」です。

 

花は淡い緑色や紫色で、小花がたくさん集まって一つの花を成している頭状花(集合花)です。

見た目はアザミの花に似ていますが、植物分類上はアザミとは関係がありません。

葉は剣状から広い楕円形で細いとげがあり、茎は縦に真っ直ぐ伸びます。

 

一般的には観賞用として栽培されることが多いのですが、

ハーブやスパイスなどの食用や薬用として栽培されることもあります。

フォエディディウムは、若葉に芳香があるのでスパイスや健胃薬として利用されますし、

マリティムムは葉や根が香料や薬として利用されます。

また、花を枝ごと切ってドライフラワーとして利用されることもあります。

 

日本でもおなじみのキノコであるエリンギは、

エリンジウム・カンペストレの枯死した根部を培地として自生していることからその名が付けられています。

8月28日の誕生花は、他にゼラニウム、キキョウ、センニチコウ、シモツケソウなどがあります。



誕生花で花占い♪ 関連記事