8月31日の誕生花は紫露草

8月31日の誕生石はコチラ

 

8月31日の誕生花は「紫露草」です。

紫露草はツユクサ科ムラサキツユクサ属に属する多年草です。

トラデスカンチア属・ムラサキツユクサ属のものを総称して紫露草と呼びます。

オオムラサキツユクサと呼ばれるものが、一般的に出回っています。

 

学名はトランデスカンティアで、17世紀のイギリスチャールズ1世の庭師の名前から由来しています。

背丈は30センチから60センチにもなり、横幅は40センチから70センチまで成長します。

 

名前の通り、梅雨の季節に咲くので葉が朝露に濡れていることが多いです。

6月から9月頃に2から3センチほどの3枚の花びらで

紫色、ピンクや赤、白の可愛い花を咲かせます。

早朝に咲いて、天気の良い日には午後にはしぼんでしまう太陽の光や熱に弱い一日花です。

 

原産地は北アメリカや熱帯アメリカで、日本に自生するツユクサとは異なります。

育てるのが簡単なため、観賞用として育てられています。

日当たりがよく、湿った土地を好み肥料などは必要なく生えっぱなしでもよく育ちます。

雄しべの細胞が縦一列に綺麗に並んでいるので顕微鏡観察がしやすく、

理科の授業などで用いられています。

 

8月31日の誕生花である紫露草の花言葉は

「快活」「尊厳」「尊び」「尊敬しています」「知恵の泉」

「ひとときの幸せ」「恋ではないけど好き」「尊敬しているが恋愛ではない」などです。

恩師や先生などにプレゼントしたり、苗や鉢を贈るのに適している花言葉です。



誕生花で花占い♪ 関連記事