8月4日の誕生花である麦について

8月4日の誕生石はコチラ

 

8月4日の誕生花である「麦」は、イネ科オオムギ属の二年草の植物です。

別名は去年草(コゾクサ)といいます。

二年草であるがゆえに、去年草(コゾクサ)という異称があります。

 

英語には、多くの種類を総称した日本語の「ムギ」に相当する表現は存在しません。

英語では種類によって、オオムギ、コムギなどと使い分けがなされています。

誕生花には、ムギのように、およそ花のイメージの乏しいものも含まれています。

 

8月4日の誕生花である「麦」の花言葉は、「富」「繁栄」「希望」「豊作」「豊産」などです。

麦のほかに、アサガオ・ブーゲンビリア・アザレア・シスタス・ヒャクニチソウ・ベチュニア・オイランソウも、

8月4日の誕生花となります。

また、麦は、4月20日・4月23日の誕生花でもあります。

ちなみに、折れた麦の花言葉は、「争い」となります。

 

日本ではおもに、稲を刈り取った秋に、田んぼに畔を作って栽培する裏作の作物でした。

そのため、初冬の「ムギ蒔き」、ムギの芽や根を踏んで伸びすぎることを防ぎ、

根の張りを良くする「ムギ踏み」は、季語にもなっている農作業です。

たわわに実った黄金色の穂が美しく、初夏のさわやかな風にそよぐ穂音も、

軽快な季語となっている植物です。

 

イギリスではムギの花言葉は、「富」「繁栄」であり、フランスでは「希望」「豊作」となっています。

日本の花言葉と同様に、どちらの国もその恵深い収穫から、花言葉がきていることがわかります。



誕生花で花占い♪ 関連記事