9月1日の誕生花である鬼百合

9月1日の誕生石はコチラ

 

9月1日の誕生花である「鬼百合」は、

ユリ科ユリ属の花であり、原産地は中国となります。

別名では、「天蓋百合(テンガイユリ)」と呼ばれています。

また、英名は「タイガーリリー」となります。

 

球根が食用となり、もともとは中国から食用として渡来した花であり、

日本の各地に分布しています。

開花時期は7月~8月となります。

橙色の花に黒い斑点があることが特徴で、

見た目には毒々しい花なのですが、実際に毒はありません。

 

9月1日の誕生花である「鬼百合」の花言葉は、

「愉快」「華麗」「陽気」「賢者」「飾らぬ美」「富と誇り」などとなります。

また、鬼百合は、8月30日・10月4日の誕生花でもあります。

一方、9月1日の誕生花はオニユリのほかに、

トラユリ・キキョウ・ハマナス・ホテイアオイ・リコリスなどがあります。

 

鬼百合の名前の由来については、大形のユリを鬼に喩えたものとされています。

大形のユリはほかにもたくさんあるのですが、

オニユリは花弁が強く反り返っているので、他のユリとすぐに判別することができます。

日本での自生地は、北海道から九州であり、平地から低地で普通に見ることができる花です。

 

オニユリは、3部体で不稔性のために、種子ができません。

地下の鱗茎(りんけい)と、地上茎のむかごで繁殖します。

むかごは、茎の中ほどから下につき、茎の上の方の花が咲くところにはつきません。

そもそもむかごとは、茎や葉の付け根などにできる、養分をためた小さなかたまりのことです。



誕生花で花占い♪ 関連記事