9月26日の誕生花は柿

9月26日の誕生石はコチラ

 

9月26日の誕生花である「柿」は、カキノキ科の落葉樹です。

カキノキの花は5月の終わりから6月である初夏にかけて咲き、

夏の季語にもなっています。

 

花は葉の裏側につくため、あまり目立ちません。

花の大きさは1センチから2センチほどで、

4つの花弁から成り立っている黄白色の可愛らしい花です。

花が枯れ始めると、ボツボツと音を立てて地面に落ちます。

 

カキノキの学名はディオスピロス・カキで、ギリシャ語の神と穀物が語源で神の食べ物の意味です。

学名をつけた学者が、柿の実を見てびっくりし東洋のりんごと呼んだそうです。

英語ではパーシモンと呼ばれ、ゴルフクラブのヘッドの材料としてカキノキが使われていたことから、

そう名付けられました。

 

カキノキは東アジアの固有種で、中国である長江流域に自生しており、

日本へは氷河期が終わった後に渡来したと言われています。

育てやすい木であるため日本各地で栽培され、

実は和歌山県や奈良県が特産地となっています。

 

カキノキの実はそのまま食べられるだけでなく、お菓子やお酒などとして加工されています。

葉にはビタミンCが沢山含まれているのでお茶にしたり、

細菌の繁殖を抑える効能があるため柿の葉寿司などに巻いて使用されています。

 

9月26日の誕生花である柿の花言葉は、

「自然美」「恵み」「優美」「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」です。

柿の葉寿司や実を利用したお菓子などが多数販売されているので、

プレゼントとして贈るのにも適しています。



誕生花で花占い♪ 関連記事