9月9日の誕生花「紫苑」

9月9日の誕生石はコチラ

 

紫苑は、9月9日生まれの人の誕生花です。

日本では紫苑という名称で呼ばれていますが、

海外ではアスターという名称が一般的です。

その他、鬼の醜草や十五夜草という別名もあります。

 

この花はキク科アスター属に属す多年草で、

黄色の花芯を中心に薄紫の小さな花びらが無数に放射状に広がっています。

その花の形状が星のマークに似ていることから、

ギリシャ語で星を意味するアスターという名前が与えられました。

 

一つの株に小さな花が多数咲き、その背丈は成人男性並みに高くなることもあります。

9月9日の誕生花に相応しく、花の最盛期は9月です。

 

紫苑の日本における花言葉としては、「追憶」「君を忘れない」などがあります。

また、海外における花言葉として「優美」「愛の象徴」なども挙げられます。

紫苑は平安時代の説話にも登場しており、

この花に起因する薄紫色の和色も存在することから、

古来より人々に親しまれてきた花であることが明確です。

 

現在でも観賞用として多くの家庭で栽培が行われています。

また、九州などの温暖な地域では、野生種が山間部を中心に自生しています。

 

9月9日は陽の数の極である9が二重に重なった日であることから、

重陽と呼ばれています。陽が重なるとてもめでたい日であるため、

この日は重陽の節句としてお祝いを行うのが一般的です。

 

9月9日のお祝いの膳では、長寿を願って菊の花をあしらった酒を飲みます。

この日の誕生花にあたる紫苑もキク科の植物です。



誕生花で花占い♪ 関連記事